対策OK? Internet Securityウイルス感染 原因経路は一般サイトでドライブバイダウンロード攻撃

トロイの木馬ウイルス「Internet Security」「Internet Security Plus」「Internet Security Pro」「Internet Security 2013」「Internet Security 2014」が勝手に強制インストールされる被害が一部で起こってます?

これはセキュリティ対策ソフトを装ったコンピュータウイルスで、デタラメな嘘のウイルス感染警告を提示しビックリさせて、解消する有償版をクレジットカードで決済して購入するよう脅迫してきますよ!

ウイルスの感染経路は、第三者に改ざんされウイルス散布サイト化してる普通の一般サイトが多くを占めてます。なので、そのサイトで扱われてる中身なんてどうでもいいんです(アダルトサイトとかジャンルは関係ナシ)。

ちなみに、感染してしまう条件として、下の4系統のソフトが仮にも旧バージョンのままなら、正規セキュリティソフトが活躍する場面なくウイルスが有無を言わさずババーンと起動です。🙂

  1. Java
  2. Adobe Reader
  3. Adobe Flash Player
  4. Windows Update

この攻撃手法は、セキュリティ用語でドライブバイ・ダウンロード攻撃といいます。

この4系統をちゃんと最新版にしてあるか、あるいは導入してない状態(削除済み)なら、ウイルスの感染経路が無い状態なので別に被害は起こらんワケです。

投稿日: 2013/05/01 | カテゴリー: 未分類 | パーマリンク コメントする.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中