アダルト動画サイトのウイルス供用容疑で逮捕者 (ワンクリック詐欺)

 有料アダルト動画サイトを装ったワンクリック詐欺(4クリック詐欺)目的のウェブサイトにて、動画ファイルという名目のコンピュータウイルス、通称「ワンクリウェア」を配信し、これをサイト訪問者が手動で実行してしまうことによりWindowsパソコンに感染してしまう脅威です。

※ ワンクリック詐欺
ワンクリック請求に関する相談急増! パソコン利用者にとっての対策は、まずは手口を知ることから!
情報処理推進機構

 ウイルス感染症状は、数万円の料金支払いを要求する卑猥なポップアップ画像がパソコンの画面に貼りつき消去できず、加えてウイルスによりパソコンの内部設定が改竄される影響で、パソコンを再起動してもそのポップアップ画像が表示され続け大変困った状態に陥ります。 悲しい

刑法 (不正指令電磁的記録作成等)
第168条の2 正当な理由がないのに,人の電子計算機における実行の用に供する目的で,次に掲げる電磁的記録その他の記録を作成し,又は提供した者は,3年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。
一 人が電子計算機を使用するに際してその意図に沿うべき動作をさせず,又はその意図に反する動作をさせるべき不正な指令を与える電磁的記録
二 前号に掲げるもののほか,同号の不正な指令を記述した電磁的記録その他の記録
2 正当な理由がないのに,前項第1号に掲げる電磁的記録を人の電子計算機における実行の用に供した者も,同項と同様とする。

 ということで、不正指令電磁的記録供用容疑(=ウイルス供用)で逮捕者が。 びっくり

ウイルス供用容疑で業者逮捕 京都府警、全国初の適用
 インターネットサイトをクリックしたパソコンにコンピューターウイルスを感染させ、料金請求画面を表示し続けたとして京都府警サイバー犯罪対策課と伏見署などは18日、不正指令電磁的記録供用の疑いで東京都渋谷区のウェブサイト広告会社「スマートマネージメント」役員堀本真也容疑者(33)=東京都世田谷区太子堂1丁目=ら男6人を逮捕した。サイト利用者から料金を集める「ワンクリック請求」の実行グループを昨年7月に新設の同容疑で逮捕したのは全国で初めて。
 府警は、グループの送信したプログラムはパソコン利用者が消そうとしても消えないなど意図に沿わない動作を指令していることから、ウイルスに当たると判断した。
 逮捕容疑は共謀し、昨年10月5日、山梨県の自営業男性(68)のパソコンに、アダルト動画サイトの再生ボタンをクリックすると料金請求画面を表示させるウイルスを海外サーバーから送り、実行させた疑い。府警によると、堀本容疑者は「事実と違う」と容疑を否認している、という。
 府警の説明では、堀本容疑者らはアダルトサイトやアイドルグループ「AKB48」のファンブログ、ゲームの情報提供をうたった無料の「誘引サイト」を開設。利用規約を小さく表示したサイトを経て、動画再生などのボタンを利用者にクリックさせウイルスをダウンロードさせる。感染すると数万~十数万円を請求する画面が表示され続け、「閉じる」のボタンを押したり再起動しても消去できない、という。
 府警はグループの口座に少なくとも数百人が1200万円を振り込んだとみている。 <
京都新聞

ウイルス感染容疑で6人逮捕
 インターネットでの利用料金を請求する画面が、パソコンに表示されたまま消去できなくなるコンピューターウイルスを利用者に感染させたとして、アダルトサイトの運営会社の社長ら6人が警察に逮捕されました。社長は、容疑を否認しているということです。
 逮捕されたのは、東京・世田谷区に住むインターネットサイトの運営会社の社長、堀本真也容疑者(33)ら6人です。京都府警察本部などの調べによりますと、6人は、去年10月、堀本社長が運営するアダルトサイトを利用した68歳の男性のパソコンにコンピューターウイルスを感染させたとして、不正指令電磁的記録供用の疑いが持たれています。このウイルスは、アダルトサイトの「動画再生」などのボタンをクリックすると、海外のサーバーからダウンロードされ、サイトの利用料金としておよそ7万円から12万円を請求する画面が、パソコンに表示されたまま消去できなくなるということです。堀本社長らは、有名人に関するブログなどを使って利用者をサイトに誘い込み、料金が振り込まれると請求画面を消去する方法を電話で教えていたということで、警察は、ウイルスに感染した全国の数百人から1200万円以上を得ていたとみて調べています。調べに対し、6人のうち、堀本社長は「事実と違う」と容疑を否認しているということです。 <
NHK

PCウイルス感染させた疑い 男6人逮捕
 アダルト動画サイト閲覧者のパソコンにウイルスを感染させ、 消すことが難しい料金請求画面を繰り返し表示させたとして、 県警、 京都府警、 埼玉県警の合同捜査班は18日、 東京都のインターネット関連会社社長、 堀本真也容疑者 (33) ら6人を不正指令電磁的記録 (ウイルス)供用の容疑で逮捕したと発表した。
 逮捕されたのは堀本容疑者の他、 大阪府の会社役員、 水木こと小林茂俊 (42)、 和歌山市秋月の無職、 役田幸一 (43)、 神奈川県の会社員、大屋敷亮 (32)、 和歌山市三木町の飲食店店員、 久門勇介 (24)、 東京都の職業不詳、 河島一範 (28)の5容疑者。
 同班によると、 昨年10月5日午後2時50分ごろ、 堀本容疑者らが開設したアダルトサイトを通して、 サイトを閲覧した山梨県の男性のパソコンにウイルスを感染させた疑い。 男性は困惑し、 画面を消すために指定された口座に6万9000円を振り込んだという。 同班は、 被害者は少なくとも数百人、 被害額は総額1200万円以上に上るとみている。
 ウイルス供用罪の改正刑法が昨年7月に施行されて以来、営利目的での摘発は全国で初めて。
 堀本容疑者は 「事実と違う」 と容疑を否認しているが、 他5人は容疑をおおむね認めているという。 <
わかやま新報

京都府警がワンクリ詐欺犯をウイルス供用の容疑で逮捕
 1月18日、京都府警サイバー犯罪対策課から、ワンクリック詐欺サイトにかかる不正指令電磁的記録供用事件の被疑者を逮捕したとの発表がなされました。発表では、被疑者らは共謀の上、アダルト動画サイト上で「動画再生」と表示されたボタンをクリックした者に対して不正プログラムの実行を促すよう設定し、事情を知らずに上記ボタンをクリックした者に不正な指令を与えるプログラムを実行させたことや、関係総サイト数は 118 であることなど、事件の概要が述べられました。警察発表以上の内容を述べることはできませんが、トレンドマイクロでは、このワンクリック詐欺で用いられたプログラムの解析などの協力をいたしました。 <
トレンドマイクロ

投稿日: 2012/01/21 | カテゴリー: 未分類 | パーマリンク 1件のコメント.

  1. ただのMSHTAをウイルス作成罪で逮捕なんて職権濫用罪ですね。ウイルスソフトもその延長線上にあるのでは?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中