Twitterのフィッシング対策 【アカウント漏洩で乗っ取られ・・・】

<1> 他のウェブサービスで使ってる同じパスワードを使いまわさない
 仮に他のウェブサービスで情報の流出が起こった場合、同じIDやパスワードをそのまま使い回してると、流出した情報を手に入れた攻撃者はTwitterのアカウントにもアクセスして成りすましや乗っ取りが実現できてしまうことになります。Twitterという世界的に著名なサービスなら、なおさら真っ先に狙われることになるでしょ! びっくり

☆ パスワードのヒント
優れたパスワードの選定と記憶法 – 1つのルールで100のパスワードを記憶する (ITmedia Biz.ID)

<2> ブラウザのURLアドレス欄を確認する
 Twitterを装ってフィッシング詐欺を行なおうとする偽サイトは、ブラウザの上部にあるURLアドレス欄をよく見れば100%確実に見破れます。

☆ URLアドレスのヒント
 目に留まりやすいようSSLサーバー証明書タイプのURLアドレス(https:// ~)をブックマークしておきましょう。ブラウザのURLアドレス部分が緑色の背景色やマークとして表現され、正真正銘のTwitterの本物の公式サイトにアクセスしてることが分かります。偽サイトではこういう芸当ができません。

https://twitter.com/?lang=ja

SSL形式のURLアドレスでTwitterにアクセスした時のブラウザの目印!
上から Google Chrome、Mozilla Firefox、Microsoft Internet Explorer

投稿日: 2011/10/23 | カテゴリー: 未分類 | パーマリンク コメントする.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中