ウイルス感染でネットバンクで不正引き出し! 対策は?

 2011年にネットバンク(ネット銀行)の不正引き出しトラブルが相次いでいて、その原因の1つがウイルス感染であるというのがニュースになってますね~。今まではメール経由でネットバンクを装った偽ページへと誘導しパスワードを入力させるフィッシング詐欺というのが知られてましたが、知らないうちにパソコンに感染したウイルスによって盗みとられるという・・・。 号泣

金を稼ぐための道具。。。 Spy Eye ウイルス
 「Spe Eye」(スパイアイ)というキーワードで画像検索すると、アニメ風の”片目”の画像ものがネットバンク犯罪キット(ロシア製の有料ソフト)の管理画面です。このキットで作られたウイルス自体も「Spy Eye」とのこと。ネットワークの通信データ、キーボードの入力情報を搾取するそうで。

 下の対策をちゃんとやっておかないと、ウイルス対策ソフトをちゃんと導入していても、知らないうちにこの「Spy Eye」が強制的に感染してしまう場合があります。 びっくり

  1. Java/JRE ⇒ 最新版へ更新する or 不要であればパソコンから削除する
  2. Adobe Reader ⇒ 最新版へ更新する
  3. Adobe Flash Player ⇒ 最新版へ更新する
  4. Windows OS、Internet Explorer、Microsoft Officeなど
    ⇒ 月一で行われてるWindows Updateの自動更新が有効になってる確認する

・ 9月 「あなたの銀行口座も狙われている!?」 – SpyEye(スパイアイ)ウイルスに注意! (IPA)
・ 8月 SpyEyeウイルスの検知件数増加を確認(続報)  (IBM Tokyo SOC)
・ 2月 トロイの木馬「SpyEye V1.3」はこう進化する!? 「Zeus」を統合して進化 (INTERNET Watch)
・ 1月 「Zeus」+「SpyEye」-第2回:統合ツールキットが登場か (マカフィー)

投稿日: 2011/10/15 | カテゴリー: 未分類 | パーマリンク コメントする.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中