Macのウイルス・セキュリティ事情 (2011年9月)

OS Xは、Windowsパソコンのウイルスや、そのほかのマルウェアからあなたのMacを守る、パワフルなセキュリティ機能を持っています。絶え間ない警告や、ウイルス駆除に悩まされることもありません。

 数年前までMacユーザーの数は少なく、ウイルス(マルウェア)の攻撃ターゲットになることはほとんどありませんでしたが、ここ数年はiPhoneやiPadが注目されユーザーが増えてきていると言えます。「Macはウイルスに感染しない」「Macは安全」なんて言われてましたが、これはまあそもそも間違ってます。Mac用ウイルスはいちおう昔から存在してますし、Mac OS Xにはセキュリティ上の脆弱性がたくさん見つかっていて、アップルは定例でセキュリティアップデートを粛々と配信してます。 ウインク

 んじゃ、Mac市場の高まりからMacを狙ったウイルスがドンドコ増えてるのかというと、とくだん危機的な状況にはなってません。それこそMac向けウイルスがさっぱり投入されない月が普通に存在します。新種・亜種の投入スパンが”秒”の域に達してるWindows向けウイルスとはホント大違いです。当のアップル自身もMacユーザーにウイルス対策ソフトを導入するよう強く薦めるようなこともしてません。日本のIPA(情報処理推進機構)も、Macマシンのことは差し置いて、Windows以外でスマートフォン(Android)のウイルス攻撃について何回も注意を促してますよ。

 なぜMacはウイルスがドンドン投入されずに少ないのかというと、ウイルス攻撃者はWindowsパソコンを狙ってるだけで十分潤ってるためです。Windowsにはウイルス作成ツールやセキュリティソフトの検知から逃れるウイルスプログラム暗号化ツールによって半自動的に亜種ウイルスが生成される量産体制が整っていて、ウイルス感染による成功報酬金が貰える金儲けビジネス基盤が確立してます。わざわざ基盤や環境が乏しいMacにあえて乗り込む必要性がないんですよね。 びっくり

無料ウイルス対策ソフト for Mac

投稿日: 2011/09/03 | カテゴリー: 未分類 | パーマリンク コメントする.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中