インスタントメッセンジャー(IM)ソフトの市場シェア (2011年)

 2011年6月に発表された世界のインスタントメッセンジャー(IM)ソフトの市場シェアをOPSWATより。

 ただ、シェアのデータ自体は、あくまでPCに導入されてるかをレジストリから判断したもので実働上のデータは反映されておらず。複数導入だってあり得るので、市場シェアという物差しで測れるような分野じゃないですよね。日本のメーカー製パソコンだと、最初から「Windows Live Messenger」は導入されちゃってますし。いちおう、欧米ユーザーさんだとこのうちの 32.65% の割合で1つの実働実績は少なくともあるそうな。

 ひとまず、このデータによりますと、Microsoft、Skype、Yahoo! の3ソフトで8割近くになるん。んで、MicrosoftがSkypeを買収って。 笑いころげ

  1. Windows Live Messenger 40,67%
  2. Skype 27.39%
  3. Yahoo! Messenger 15.11%
  4. Tecent QQ 4.95% → 中国でシェア1位のソフト
  5. Google Talk 3.57%
  6. Gadu-Gadu 2.46% → ポーランドで有名なソフトだそうな
  7. ICQ 2.01%
  8. AOL Instant Messenger (AIM) 0.73%
  9. mIRC 0.68%
  10. Xfire 0.54%

投稿日: 2011/06/04 | カテゴリー: 未分類 | パーマリンク コメントする.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中