Java(JRE)は危険なソフト ・・・不要な人はさっさと駆除せよ!

 Java(JRE) は米サン・マイクロシステムズ(現在は買収した米オラクル)が開発したソフトです。不正なプログラムやウイルスでも何でもなくちゃんとした正規のソフトなんですが、過去のバージョンにはセキュリティにからむ欠陥(脆弱性)がいろいろと見つかっていて、ウイルス感染攻撃の手段として悪用されてます。実際に偽セキュリティソフト型ウイルスが知らないうちに勝手に強制インストールされる脅威でもかなーり悪用されてますよ。 号泣

  • Java は最新版を維持し続ける
  • 不要なら Java をパソコンから事前に削除してしまう
    (そもそも Java が導入されてなれば、あえて新規に入れる必要なし)

 Java はフリーウェア(無料)です。更新作業もお金はかかりません。

注意点

  1. Javaはパソコンを購入した時点で最初からインストールされてる場合があります。メーカー製パソコンだとかなり高い確率で導入済みなので、使われる機会がないまま実はひっそりとあなたのパソコンに眠ってる、なーんて場合も! Java(JRE)と聞いて、何のことやらさっぱり分からない人は不要なソフトと判断するよろし。
  2. セキュリティソフトは Java の導入状況やバージョン管理なんかをユーザーに代わっていっさい面倒みてくれません。
    なので、セキュリティソフトを導入していてもウイルス被害が起こるわけ。ウイルス対策は「セキュリティソフトを
    入れろっ!」で話が終わってるテキトーな宣伝広告サイトも多いですねぇ・・・。 困った

Javaのバージョン確認ページ
Javaをパソコンから削除する方法

投稿日: 2011/05/29 | カテゴリー: 未分類 | パーマリンク コメントする.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中