Flash Player 10.3+IE9 表示不具合のテスト修正版リリース

 Flash Player 10.3 と Internet Explorer 9 の組み合わせで、Flash動画の位置が左上に表示されチラチラ点滅で実質見れない不具合が起こるということで、そのFlash Playerの修正版がリリースされてますか。ただ、あくまでまだテスト版ということで問題は解消されない場合もあるんって。
Adobe、IE9との相性問題を修正した「Adobe Flash Player」のプレリリース版を公開 (窓の杜)

1. 一時的な問題解消方法 「IE9の設定でGPUレンダリングの処理を無効にする」 を元に戻す (=チェックマークを外す)
2. こちらの英語のページの「Solution 3」にある[Download Flash Player 10.3.181.15 Update]をクリックして flashplayer10-3_b3_activex_052311.exe をデスクトップにダウンロード
3. IEは終了させて、この実行ファイルを起動してインストールする
4. インストール作業が完了したら、flashplayer10-3_b3_activex_052311.exe はゴミ箱へポイッ

 解消しなかったら、「IE9の設定でGPUレンダリングの処理を無効にする」を再びやるん。

 んで、こちらの環境で導入してみたところ・・・100%解消せず? 左上にFlash画面が表示され正しい表示位置へと移動する、というシーンが最初のほんの一瞬だけ見えるという感じでしょうか? いちおう映像表示そのものはちらつきとかなく問題ないようなので様子見。🙂

投稿日: 2011/05/29 | カテゴリー: 未分類 | パーマリンク コメントする.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中