月別アーカイブ: 5月 2011

Flash Player 10.3+IE9 表示不具合のテスト修正版リリース


 Flash Player 10.3 と Internet Explorer 9 の組み合わせで、Flash動画の位置が左上に表示されチラチラ点滅で実質見れない不具合が起こるということで、そのFlash Playerの修正版がリリースされてますか。ただ、あくまでまだテスト版ということで問題は解消されない場合もあるんって。
Adobe、IE9との相性問題を修正した「Adobe Flash Player」のプレリリース版を公開 (窓の杜)

1. 一時的な問題解消方法 「IE9の設定でGPUレンダリングの処理を無効にする」 を元に戻す (=チェックマークを外す)
2. こちらの英語のページの「Solution 3」にある[Download Flash Player 10.3.181.15 Update]をクリックして flashplayer10-3_b3_activex_052311.exe をデスクトップにダウンロード
3. IEは終了させて、この実行ファイルを起動してインストールする
4. インストール作業が完了したら、flashplayer10-3_b3_activex_052311.exe はゴミ箱へポイッ

 解消しなかったら、「IE9の設定でGPUレンダリングの処理を無効にする」を再びやるん。

 んで、こちらの環境で導入してみたところ・・・100%解消せず? 左上にFlash画面が表示され正しい表示位置へと移動する、というシーンが最初のほんの一瞬だけ見えるという感じでしょうか? いちおう映像表示そのものはちらつきとかなく問題ないようなので様子見。 🙂

IPアドレスを調べると住所が特定できるって!? orz


 「IPアドレス」はインターネットの住所とよく言われてますが、いわゆる個人情報での居住地とはかなーり性質が違ってます。IPアドレスから分かるのは下のようなところでしょうか。 ウインク

  • 国名
  • 契約してるプロバイダ名
  • 広範な地域 (都道府県、場合によっては市ぐらいまで)

 インターネットをしていれば、このIPアドレスは常に送信されます。ウェブサイトではこれをアクセス解析のデータとして使ったり、ウェブサイトでは地域に見合った広告表示に反映させたり、「天気」というキーワードで検索してみるとお天気情報を提供されたり・・・。ただ、地域については不完全なので、位置ずれ現象が普通に起こります。たとえば、契約してるプロバイダの本社の住所のIPアドレスだったり。

Google検索「天気」の検索結果にお天気情報が

 IPアドレスだけで、○○町/○○番地/○号、住居(マンション/一戸建/アパート)、氏名、電話番号(固定・携帯)、性別、血液型といったものは分かりません。つまりは、個人の特定はごく一部の例外を除いて不可能ですよ。

    • 何かしら掲示板などで喧嘩トラブルになって、見ず知らずの相手から「IP抜くぞ!」と脅される
      → 単なるハッタリです
    • アダルト動画サイトでエッチな映像を見ようとしたところ、「入会登録ありがとうございます。○万円を3日以内に支払ってください。支払わなければ自宅へ請求に伺います。債権回収業者に通知します。」と突然表示される。
      → 架空請求詐欺やワンクリック詐欺で使われるダマし文句です

例外 (補足)

  1. 学校や企業からのアクセスだと、IPアドレスから学校名や企業名あたりは判断できる場合があります。
  2. 何かしら犯罪行為が行われたとして、警察が捜査のためユーザーを特定できる情報をプロバイダに求めた場合は開示される場合があります。

IPアドレスの確認
 「診断くん」とか「確認くん」という名前のページにアクセスすると、自分自身のIPアドレスをすぐにラクラク確認できます。IPアドレスはよく変動するのが一般的です。今日のIPアドレスが、明日になればまったく別のIPアドレスになってるはずです。

Java(JRE)は危険なソフト ・・・不要な人はさっさと駆除せよ!


 Java(JRE) は米サン・マイクロシステムズ(現在は買収した米オラクル)が開発したソフトです。不正なプログラムやウイルスでも何でもなくちゃんとした正規のソフトなんですが、過去のバージョンにはセキュリティにからむ欠陥(脆弱性)がいろいろと見つかっていて、ウイルス感染攻撃の手段として悪用されてます。実際に偽セキュリティソフト型ウイルスが知らないうちに勝手に強制インストールされる脅威でもかなーり悪用されてますよ。 号泣

  • Java は最新版を維持し続ける
  • 不要なら Java をパソコンから事前に削除してしまう
    (そもそも Java が導入されてなれば、あえて新規に入れる必要なし)

 Java はフリーウェア(無料)です。更新作業もお金はかかりません。

注意点

  1. Javaはパソコンを購入した時点で最初からインストールされてる場合があります。メーカー製パソコンだとかなり高い確率で導入済みなので、使われる機会がないまま実はひっそりとあなたのパソコンに眠ってる、なーんて場合も! Java(JRE)と聞いて、何のことやらさっぱり分からない人は不要なソフトと判断するよろし。
  2. セキュリティソフトは Java の導入状況やバージョン管理なんかをユーザーに代わっていっさい面倒みてくれません。
    なので、セキュリティソフトを導入していてもウイルス被害が起こるわけ。ウイルス対策は「セキュリティソフトを
    入れろっ!」で話が終わってるテキトーな宣伝広告サイトも多いですねぇ・・・。 困った

Javaのバージョン確認ページ
Javaをパソコンから削除する方法

【詐欺用語】 「インターネット登録住民台帳」とは何ですか?


 んー??? 「インターネット登録住民台帳」!? びっくり

 そんな台帳なんぞ、この世に存在しませんよ。インターネット上に生身の人間が家建てて住んでるということなんですかね・・・。恐らく「住民基本台帳ネットワークシステム」っぽい雰囲気で造ったデタラメな用語なのでしょう。単なるNifty、Plala、DION、BIGLOBE、OCN、Yahoo! BBのようなインターネットプロバイダ(ISP)の情報を示して「インターネット登録住民台帳」とする不正なサイトがあるんだとか。 悲しい

Flash Player 10.3 + IE9 で不具合 【表示位置が左上にずれる】


 2011年5月にリリースされたプラグイン Flash Player 10.3 (v10.3.181.14) と ブラウザ Internet Explorer 9 (IE9) の組み合わせで、Flashの画面の表示に不具合が見つかってますな~。描画処理にIntel HD Graphics(インテルHDグラフィックス)を使うIntel CPUを搭載したWindows VistaやWindows 7のパソコンでのみ起こる現象とのこと。 🙂
Reported issues with Flash Player 10.3 and Internet Explorer 9

● 表示されるべき位置にFlashの画面(映像、広告など)が表示されない
● Flashの画面がブラウザ内の左上にずれて表示される
● Flashの画面が表示状態と非表示状態を点滅するように繰り返して実質見れない

 バグなので修正されるまでの対応方法については下のような感じ~。

  1. IE9の設定でGPUレンダリングの処理を無効にする
  2. 不具合が起こらない他のブラウザ(たとえば、FirefoxやChromeなど)を使う
  3. 不具合が修正されてる Intel HD Graphics ドライバを更新する

 1番が一番楽です。IE9のインターネットオプションで、[詳細設定]タブ→[GPU レンダリングでなく、ソフトウェア レンダリングを使用する]にチェックマークを入れるん。
Adobe、IE9上の「Flash Player」v10.3で発生する表示不具合に関する情報を公表 (窓の杜)

—–
[追記…]
 修正した Adobe Flash Player がリリースされてますよぉー。