ウイルスに感染しパソコンを乗っ取られたくなかったらJava更新!

 ネットの一般サイト(改ざん被害サイト)をブラウザで開いただけで、ウイルス感染してしまってる例を見かけます。デタラメなウイルス感染警告を表示して、対処したかったら金を払うよう脅す”偽ウイルス対策ソフト”の感染もこれ。

 サイバークリーンセンターの「ホームページから感染するウイルス拡大中!」に書かれてある対策をちゃんとやってる人は別に被害を受けません。やってない人だけ被害を受けます。この中でも特に『Java』(JRE)を更新せず古いバージョンのものを入れっぱなしで放置してる人の被害が目立つ?

  • Javaは無料ソフト、更新も無料
  • パソコン購入時点でJavaがインストール済みの場合あり
    → 導入した覚えがない人も要注意!
  • 使ってないと思う、使ってるかどうかも不明なら「アプリケーションの追加と削除」でアンインストール
    → 必要なら再度インストールすればいいだけの話
  • あえて新規にJavaを導入する必要はなし
    → Adobe ReaderとかFlash Playerのような必須アイテムでもない
  • JavaとJavaScriptは名前が似ているけど完全な別物
    → 勘違いしてる人多数 (Javaは独立した1プログラム、JavaScriptはブラウザ自体の1機能)

Javaの公式サイト
Javaのバージョン確認ページ

 この手のウイルス感染の場合、攻撃者が用意したありとあらゆるプログラムを自由に発動(感染)させることができちゃうので、パソコンを乗っ取ってしまうこともぜんぜん容易です。乗っ取られると・・・

  1. パソコン内のデータ、情報を引っこ抜かれる
  2. メール配信プログラムが強制導入され、大量の迷惑メールの送信処理が行なわれる
  3. 駆除されてしまわないよう導入してるウイルス対策ソフトを利用不能にされる
  4. 駆除されてしまわないようMicrosoftやセキュリティ会社のサイトにアクセスできなくなる
  5. DDos攻撃プログラムが強制導入され、サイト攻撃マシンとして犯罪の手助けをしてしまう

ウイルス対策ソフト体験版
簡易ウイルス駆除ソフト

投稿日: 2010/05/02 | カテゴリー: 未分類 | パーマリンク コメントする.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中