Adobe Reader導入時のMcAfee Security Scanは必要?

無料のMcAfee Security Scan (オプション)

 米国のAdobe(アドビ)社が無料提供してるPDFファイル閲覧ソフトAdobe Reader(アドビ・リーダー)。そのインストールのページに、

同時にインストール:
無料のMcAfee Security Scan (オプション)

という項目があります。これは米国のセキュリティ会社マカフィーが無料提供してる簡易ウイルススキャンツールです。あくまでスキャン機能だけで、仮にウイルスを検出しても駆除できません。あと、パソコンを常時守ってくれる機能もないです。製品版マカフィー・アンチウイルスの宣伝を兼ねてるシロモノなんですな。

Adobe Readerを使う上でMcAfee Security Scanはまったく不要なんですが、困ったことに初期状態でインストールされるチェックマークが入ってるので注意が必要です。

 ちなみに、同時にインストールとしてMcAfeeのセキュリティツールではなく、無料のGoogleツールバーの場合があります。これはInternet Explorerの場合にActiveXを無効にしてると表示されます。もちGoogleツールバーもAdobe Readerを使う上で不要なものです。

同時にインストール:
無償Googleツールバー(オプション)

 McAfee Secuity Scanを導入してしまった場合、パソコンからアンインストール(削除)するには、↓のAdobe社のサポートページをチェック! (いちおうページはAdobe Flash Player関連)

Flash Player 10 と同時に McAfee Security Scan がインストールされる(Windows)

★ Adobe Readerが最新版でないと自動的にウイルスに感染します!
 Adobe Readerの旧バージョンにはたくさんの脆弱性(ぜいじゃくせい)が見つかってます。脆弱性とはセキュリティ上で問題を起こしうる弱点です。これが解消されてる最新版であれば問題ないですが、古いバージョンを入れっぱなしだと、ユーザーの意思なぞ関係なくウイルスが自動的に発動してしまう危険な状態です。

 実際に不正なコードが埋め込まれた普通のページを閲覧ソフトで単に訪問しただけで、ウイルスに感染する事例が起こってます。脆弱性を悪用したウイルスの感染処理は裏側でひっそりと行えるため、メッセージも何も表示されません。「あれ・・・? パソコンの調子が何かおかしいなぁ」と思った時はすでに遅し・・・。

★ Adobe ReaderのJavaScript機能を無効にしよう!
 上で説明した脆弱性は、Adobe Readerに搭載されてる「Acrobat JavaScript」という機能に関連してる場合が多いです。これを無効化状態に切り替えておくと、仮にバージョンが古かった場合でも不正な処理を回避できる場合があります。困ったことに初期設定でこれは有効化されてます。
 最新版にすることはもち重要ですが、今後のことを考えて、よりセキュアな状態にするため必ず無効化しましょう。

  1. Adobe Rederのメニュー「編集」→「環境設定」を選択
  2. 左側の分類の中から「JavaScript」の項目を選択
  3. 右側の「Acrobat JavaScript を使用」のチェックマークを外す
  4. OKボタンを押す

投稿日: 2010/01/09 | カテゴリー: 未分類 | パーマリンク コメントする.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中