GENOウイルスが10月から再始動、GENOウイルスチェッカー意味なし!

 今年の2009年5月近辺でたいそう騒ぎになったサイト改ざん「GENOウイルス」が10月から活動を再開して、多くの正規サイトに再び不正なコードが埋め込まれとります。その数は、ナンと日本国内で数千件(カスペ調べ)。この「GENOウイルス」の改ざんは、不正なコードが挿入されてるページを単に訪問しただけでコンピュータウイルス(ウイルス名は「Daonol」「Kates」など)に感染してしまいます。

 ただ、下の3つの対策をすべてやっとくと、コンピュータウイルスに感染するのを回避できます。

  1. Adobe Reader を最新バージョンに更新する. (無料)
  2. Adobe Flash Player を最新バージョンに更新する. (無料)
  3. パソコンのWindows Update(Microsoft Update)の自動更新を有効にする.

 この中で1・2番のAdobeの無料ソフトはまったく更新しないで放置してる人がいるかと思いますが超危険です。コンピュータウイルスに感染して、パソコン内の情報を盗ませたい!、パソコンそのものの使用権限を乗っ取らせたい!、サイバー攻撃や迷惑メール送信のボット(操り人形)として参加したい!ってな方は別にかまわんですが・・・。 お口にチャック

☆ オンライン改ざんチェッカとして知られてる「GENOウイルスチェッカー」「aguse.jp」は新たな不正なコードをまったく認識できず

投稿日: 2009/12/17 | カテゴリー: 無料系 | パーマリンク コメントする.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中