ウイルス検出名「HEUR/Malware」の対処 ~ Avira AntiVir

 ウイルス対策ソフトAvira AntiVirの検出名「HEUR/Malware」の説明です。

 頭文字の「HEUR/~」はヒューリスティック分析による検知を意味してます。まだウイルス定義ファイルに含まれてない既知のウイルスを検出する機能で、Aviraの設定(エキスパートモード有効)の[Guard]→[スキャン]→[ヒューリスティック]の「高度なヒューリスティック分析と検出(AHeAD)」でオン・オフの切り替えができます。

 で、この検出名は”マルウェアの疑い”ということです。誤検出の可能性もあるので、信頼できるところから入手したファイルなのかどうか確認、VirusTotalのようなファイル単体チェックが可能なオンラインスキャンで確認、というような感じで判断する必要があります。

投稿日: 2009/12/05 | カテゴリー: 無料系 | パーマリンク コメントする.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中